【無事に復活】買ってまもないBlackBerry KEYoneを雨で水没させた話

こんにちは。ぽらりすです。

 

今回は、個人的には結構悲しい記事です….

先月末に、長文を満員電車の中で座って書くために購入したBlackBerry KEYoneを水没させてしまいました….

トイレにドボンしたわけでもなく、水たまりにドボンしたわけでもなく、風呂に持ち込んだわけでもないのですが、水没しました。

 

正確に言うと、『水没』より『浸水』なのですが、雨で浸水しました。リュックサックの中が。

徒歩10分くらい歩いてたら、防水も何もついていないリュックサックが雨水で水浸しになった感じですね….

TransBook T304UAもリュックサックに入っていて、そちらは全く問題なかったので、KEYoneも大丈夫だろうと思っていたら、帰りの電車でKEYoneが遣られている事に気が付いて大泣きしていました…

何気にツイートが伸びて泣きながら草生やしていました。

 

不幸中の幸いだと思うのですが、浸水した部分はLCDのみであり、内部には浸水しませんでした…

ただし、液晶の表示は変でナビゲーションセンサーと液晶の下半分のタッチが死亡…..

ということで、『LCDだけ交換すれば何とかなる』レベルでした。

 

一応、AliExpressでKEYoneのLCDの価格を確認してみると、3500円程度との事なのでホッとしました。

しかし、できれば金欠でお金お使いたくはないので、シリカゲルを購入して、本当に治るのかを実験してみたいと思いました。

 

ということで、ドラッグストアでシリカゲルを購入して、放り込んでみました。

(塩化カルシウムの方が、吸湿性高いのでそっちを入手したかったのですが、売ってなかったのでシリカゲルにしました。)

※塩化カルシウムは、アルミを腐食させるので実際に取り扱う場合は気を付けてください。また、シリカゲルも水が付着すると発熱反応を起こすので扱いには注意してください。

 

14時間経過して気になったので少し中身を見てみました。

正直言って、画面の浸水具合は特に変わりませんでしたが、ナビゲーションセンサーと画面下部のタッチが認識するようになっていました。

正直言って、後はLCD内部の水を取り除けば復活です!

 

そして、放置すること2日間。

KEYoneの存在を忘れていたわけで張りませんが、代役としてXiaomi Mi 6が久しぶりにサブ機枠のメイン機に降格させて使っていましたw

〔メイン機→iPhone X サブ機→(メイン)Blackberry KEYone (サブ)Xiaomi Mi 6〕

※サブ機のサブってなんやねんと思う方もいらっしゃると思いますが、サブ機のサブ機です。はい。末期なのは知っています。

 

シリカゲルのジップロックを開けて確認してみると

完全に復活していました。

 

LCD交換までしようかと思っていたので、正直言ってかなり嬉しかったです。

 

ってことで、Blackberry KEYoneは、他のスマートフォンより何倍も浸水率が高いと思われますので、お持ちの方は、『水』には本当に気をつけてください。

万が一、浸水しても諦めずにシリカゲルに突っ込んで、数日放置しておきましょうねw

 

それでは~

 

((このブログって一体誰得なのだろうか…..?

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です