【1809対応】Windows 10の不要アプリを完全に消去する方法 (実質的なLTSB化)

今回の記事も題名通り、『Windows 10に付属する害悪アプリを完全消去するお話』です。 

 

Windows 10で特に困ってると言っても過言ではない『ユーザーが全く求めてもないアプリを勝手にインストールさせられる』問題に関してですが、様々な方法でアプリを消したりして対処しています。 

しかし、Google検索で『Windows 10 不要アプリ 削除』と調べても殆どが一部のアプリが結構残るパターンですので、今回は可能な限り完全消去を行う方法をご紹介します。 

 

私的にも結構、Windows 10の害悪アプリには手を焼いていまして、そう言った不要アプリが元々ないWindows 10 Enterprise LTSBという『Microsoft Store』が存在しないエディションの導入を検討していました。 

(ちなみに『Enterprise』の名の通り、企業向けで3ライセンス以上を同時購入しないと買えなかったので買うのをやめました) 

 

という事で、こんな前置きは置いておいて、ご紹介していきます。 

 

完全消去について

ネットで山の様に書かれてるPowerShellを使う方法と同じでこの方法もPowerShellを使います。 

ただ、大きく異なるには『完全に削除する』点です。今回の方法では新規ユーザーを作っても再度アプリがインストールされる事はないのでご注意下さい。 

アプリが必要になった場合はリカバリやクリーンインストールが必要となります。 

 

消されるのはほぼ全てのWindows UWPアプリです。Microsoft Storeも消されます。 

 

 

方法 

一括削除

管理者権限でPowerShellを開きます。 

 

下記のコマンドをコピペして実行させます。 

Get-AppxPackage | Where-Object {$_.Name -ne “Microsoft.Windows.ShellExperienceHost”} | Where-Object {$_.Name -ne “Microsoft.Cortana”} | Remove-AppxPackage 

 

実行させると暫く赤文字が流れますが、そのまま放置させます。 

最後に終了したら、再起動してみてください。 

 

再起動させるとほぼ全てのUWPアプリが消されてます。 

 

残っているのは『Cortana』『Microsoft Edge』『Windows セキュリティ』『接続』だけになります。 

『Cortana』は最新のWindows 10 October 2018 Update (1809)では削除不能ですが、『Microsoft Edge』は更に消すことができます。 

 

 

『Microsoft Edge』の削除方法 

タスクバーからEdgeのアイコンを右クリックして『タスクバーからピン留を外す』をクリックします。 

※ピン留めを外し忘れるとEdgeを消した際にタスクバーに謎の空白アイコンが残って削除不能に陥ります。 

 

下記のサイトにアクセスしてバッチファイルをダウンロードします。 

https://winaero.com/download.php?view.1835

 

ダウンロードしたファイルは解凍して『Uninstall Edge.cmd』を管理者権限で実行させます。 

 

すると、コマンドプロンプトが開き、削除が実行されますので暫く待ち処理が終わるのを待ちます。 

処理が終わったら再起動させろと言われるので再起動させます。 

 

これで、Microsoft Edgeが消えました。 

 

 

『接続』の削除方法 

画面をWi-Fi経由でディスプレイに映し出す(ミラーキャスト)などの事をする人は削除しないでください。 

こちらも『Microsoft Edge』の削除方法とほぼ同じです。 

 

下記のサイトにアクセスしてバッチファイルをダウンロードします。 

https://winaero.com/download.php?view.1895

 

ダウンロードしたファイルは解凍して『Uninstall Connect.cmd』を管理者権限で実行させます。 

すると、コマンドプロンプトが開き、削除が実行されますので暫く待ち処理が終わるのを待ちます。 

処理が終わったら再起動させろと言われるので再起動させます。 

 

これで、接続アプリが消えました。 

 

 

Windows セキュリティの削除方法はセキュリティの問題もあり、やたらめったらに無効化は避けて欲しいのでここ記載しません。 

どうしても削除したい場合は同じ要領ですので、自分で探し出してください。 

 

以上で、『Cortana』と『Windows セキュリティ』を残しますが、ほぼ全てのWindows UWPアプリが削除できました。 

お疲れ様でした。 

 

『Cortana』が残っているのが結構腑に落ちませんが、最新のWindows 10 October 2018 Update (1809)では削除することができません。 

それ以前のバージョンでは削除可能なのかもしれませんので一応、Cortana無効化のスクリプトが配布されているリンクだけは貼っておきます。 

https://winaero.com/download.php?view.1832

 

 

まとめ 

こんな感じに比較的簡単に削除できました。

最終的にはこんな感じになりました。非常に不要なアプリが少なくて非常にすがすがしいです。

これでWindows 10 Enterprise LTSBをわざわざと購入しなくても良い状態になりました。 

MicrosoftさんもWindows 10自体にUWP形式のアプリを望んでいる人はごく僅かだと思うので、頑なに削除不能にしなくても良いのでは無いかと思います。 

また、広告表示も控えめに言って害悪ですし、+5,000円でも払うからWindows 7以前の様なクリーンインストールでまっさらな状態が欲しいです。 

 

と要望を書いて、この記事を終わりにします。おしまい。 

【1809対応】Windows 10の不要アプリを完全に消去する方法 (実質的なLTSB化)” への1件のフィードバック

  1. とても不愉快に思っていた問題を解決することができました。
    まことにありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です